Monday, November 6, 2017

火事と共に去りぬ




北サンフランシスコベイエリアで起こった大火事の前日、我が家には大きなイベントがありました。



ニューヨークから、下宿人がやって来たのです!夫の仕事場で2カ月間働くインターンの24歳の女の子です。



ワイン造りを勉強したい、どうしてもカリフォルニアに行きたい、その熱意が伝わり、めでたく採用となったのですが、どうにも住む場所がないんですね。



ベイエリアは住宅の高騰が激しく、賃貸も高い上に審査もあり、なかなかすぐには引っ越し先を決められないのです。夫も色んな人にあたってみたのですが、彼女が滞在出来る場所は見つかりませんでした。



というわけで、我が家の一部屋を提供する事にあいなったのです。。



「私、ワインメーカーになりたいの!」



と、意気揚々とやって来た彼女でした。



(彼女からしたら、カリフォルニアに来たと思ったら、日本に来ちゃったという(爆))



カリフォルニアは住宅は高いですが、その分仕事はたくさんあるので、インターンの後は頑張ってフルタイムの仕事をゲットして羽ばたいてほしいと、私たちは願ったのでした。



誰もが私たちの事をクレイジーだと言いましたけど、自分達も若い頃はこうやってお世話になって来たという事を思い出し、受けた恩をまた次世代に返すつもりで、彼女の面倒をみようと思ったわけです。



日本食など食べた事のなかった彼女でしたが、私が作るご飯も一緒に食べ、



「何だか体の調子がいい!」と言ってくれていたのでした。



そして仕事10日目にして、彼女は仕事が嫌になって辞めた、と夫から私にテキストが入り、あっという間に荷造りをして、実家に帰って行きました。



早く気がついてよかった、と言う事も出来ると思いますが、ニューヨークから4日間かけて運転してやって来て、前の仕事も辞めたばかりで、それでまたすぐ辞めちゃうなんて、自分の子だったらちょっと一言言わずにはいられないな〜と思いましたけれど。。(苦笑)



「こんなに人にNiceにしてもらった事はない」



と言ってもらえたのが唯一の救いです。



娘たちにも有意義なTeachable Momentになったのもある意味よかったです。



というわけで、てんやわんやの2017年10月でありました。





No comments:

Post a Comment